読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one small touch

one small touch。日々の思考や行動に一手間加えることで、素敵な女性にね。私はなりたいです。

【つぶやき】バンクシーとスキッドロボット

こんばんは!

ゆっくりしたくてできなくてちょっと余裕がないけれど、春を感じることで人生が動くのを感じます。


 今日はちょっと好きなもの。


バンクシーはロンドン中心に風刺スプレーアートを多く残すアーティストで、オークションでブラッドピットとアンジェリーナジョリーが超高値(1億5000万くらい)で買ってしまうくらいのアーティスト。

すごく魅力的と思うけれど、何でバンクシーだけこんなに価値があるんだろうと思って徘徊していたらそれについて言及している記事を見つけたので、貼付けておきます。

(私はこれを読んでもよく分からなかったのは秘密です。)


なぜバンクシーだけが壁に描くことを許されるのか | VICE Japan | The Definitive Guide to Enlightening Information

 

 

言わずと知れたストリートアーティストのバンクシー、の話をしたいのではなくて、今はスキッドロボット(Skid Robot)が気になっています。

 

スキッドロボットは、ホームレスの現状を世に知らしめるため、彼らのお家の周辺にスプレーアートを施すアーティスト(こんな感じ)。

 

http://livedoor.blogimg.jp/chikyunewsmatome/imgs/f/5/f52d1817.jpg

 

http://livedoor.blogimg.jp/chikyunewsmatome/imgs/f/3/f3363afa.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/chikyunewsmatome/imgs/d/5/d58eafce.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/chikyunewsmatome/imgs/f/1/f1b2ade4.jpg

彼らがきっと望むもの、暖かいベッド・暖かい食べ物・暖かい家族とか、そういった物を壁面に描いています。

 

基本的には家主がいても(主に寝ているとき)いなくても、描くときに家主の許可も取らずに描いているようなので、彼らにとっては良い迷惑かもしれません。

描いている途中に目が覚めてしまったとき・帰ってきて鉢合わせてしまったときは、きちんと趣旨を説明して、自分の過去の作品を見せて、了承を得るんだそうです。その後、お礼には彼らが望むものをご馳走したり贈ったりする。

 

その一連のやり取りの中で、怒る方もいれば仲良くなる方もいる。

また話し相手になってくれよと言う方もいる。

私はそこに通い合う体温が素敵だと思います。

 

先鋭的な風刺画で注目されることもとっても素敵だし才能だけれど、それよりも少しハートウォーミング!心温まる気がするのです、個人的に。

 

しかも、主な活動の場がロス。

ロスって夢の溢れる輝いた街である反面、一本通りを入ると別世界のように暗い世界が広がっていたりしますよね。

だからこそ、こういう活動で少しずつ注目されつつ、明るくなるといいなと思ったり。

 

そんなスキッドロボットのお話でした。

見てみてね。

 

instagram    elica1114