読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one small touch

one small touch。日々の思考や行動に一手間加えることで、素敵な女性にね。私はなりたいです。

ささやかな一人旅

一人旅って、みんなたくさんしたことあるのだろうか。

 

私はもっとしておけばよかったと思うくらい経験がなくて、

どっちも瀬戸内海付近に行ったなあ、という二回だけ。

直島・豊島に1人で行ったのと、尾道大三島・大久島に行ったのの二回(後者は半一人旅)。

f:id:elica1114:20161120225311j:image

f:id:elica1114:20161120225456j:image 

f:id:elica1114:20161120225530j:image

f:id:elica1114:20161120225640j:image

守られたところで、穏やかな空気がふわふわと流れる感じ。

見渡す先の海にも、きちんと人の気配があって、良くも悪くも変わらない感じがしっとり感じられるところ。

 

一人で行くと、寂しい瞬間ももちろんあるけれど、

一つ一つの出来事や景色がいつも以上に立体的に、印象的になると思う。

 

この夏、尾道の海辺で一人でのんびりしていた時に、

急に話しかけてくれたおじいちゃんがいて。

私は、しまなみ海道の島々を結ぶ島の人たちの交通手段である運搬フェリーをぼんやり見ていたのだけど。

 

「どっから来たの〜?東京〜?いいねえ、ゆっくりできるだろうから、日頃の疲れを癒していきなよ〜。そうだ、あのフェリー、僕が何て呼んでいるか分かる?聞いてくれる?島の横断歩道って呼んでてねえ、良い名前だろう?」

 

「ちなみにあのフェリーは、この近くの乗り場よりも奥の乗り場の方が50円くらい安いから、奥に行った方が良いよ〜。旅行に来た人も乗る人もいるんだ。乗るときは、船の右側にある、2階に上がる外付けの階段に腰掛けて、ビールを片手に乗ると最高だよ〜。あ、それで絶対ツマミは買ったらダメだよ。何でだか分かるかい?・・潮風が最高のツマミになるからさ!(満面の笑み)」

 

「そこから見る夕日はね、本当に旅行で来た人たちは感動するんだよ〜。それに感動しなかったら女やめた方がいいね!お嬢ちゃん行ってみな、女かどうか確かめるためにな〜!(引き続き満面の笑み)」

 

粋なおじいちゃん。

ただ何の下心もなく、じゃあ楽しんで、と

去って行く後ろ姿、とても素敵でした。

 

きっと一人じゃなかったら、

こうして話しかけてくれることもなかっただろうなと思うと、

一人でいることで引き寄せることもたくさんあるのだと思うのでした。

 

ちなみに、もちろん私はおじいちゃんの言う通り、

奥のフェリー乗り場に歩いて(間にコンビニがなくて、ビールを買えなかったのだけが心残り)、

対岸に用はないから往復したいの、と係りのおじさんに声かけて、

旅行で来た人かい、なら何往復でもしていいよ、という優しさに甘えて、

三往復して、しっかり夕日や潮風や生活の香りに感動してきました。

 

よかった、おじいちゃん、私も女だった。

報告したいなあと思うくらい、ほっこりしたよ。

 f:id:elica1114:20161120225733j:image

 

12月中に、また直島に行こうかなって思っていて、

密かに計画を立てたりしているんだけど。

佐久島も行ってみたいし、また屋久島にも行きたいし、

叶うならいつかは絶対イースター島に行きたい。

一人でも安心させてくれるあったかい場所に、行きたいなあと思うのでした。

 

一人旅の思い出、自分のものだけにしておくのがもったいないから、少しずつ書いておこう。

でもきっと書き起こしてみると、大したことではないのかもしれないなあ。

一人だからこそ、あったかい人の気持ちに触れると、いつも以上に嬉しいんだろうな。