one small touch

one small touch。日々の思考や行動に一手間加えることで、素敵な女性にね。私はなりたいです。

夢と香りと夏休みの記憶

ひどく大きな雷の音がして目が覚めた。
ざあざあと降る夕立の音と、鼻に迫る濡れた木々と雨の匂い。
さっきまでは照りつける真夏の太陽と蝉の生命力に満ちた声を体で感じながら、縁側でうとうとしていた。
そんなうちに、ストンと眠りに落ちたようだ。

 

開け放した窓からは畳に雨が吹き込んでいた。
裸足で畳に投げ出した足先が大雨で少し濡れている。
寝ぼけていた私は、慌てて網戸と窓を閉めた。
母と一緒にいたような気がしたが、今は自分しかいない。
少し心細くなって、母を探して居間に向かってノロノロと歩き出す。
その先には、手料理の香りがしてホッとする。

 

と、そんな夢を見た。
もはや夢というか、思い出のワンシーンだけれど。
今でもありありと思い出せる、小さい頃の情景だ。
この時期になると、夏休みを過ごすことが多かった母の実家での景色と香りを思い浮かべることが多い。

 

水打ちをした庭先のアスファルトの香り。
真夏の太陽が焦がす、干された布団に染み込む乾いた明るい香り。
古い畳の少し湿ったような藁の香り。
仏壇から香るなぜだか安心するお線香の香り。
もしかすると今頃刃を入れられている、赤々とした西瓜の香り。
夕立に濡らされた庭の青々とした木々の香り。
祖母が洗い上げるいつもと違う洗剤のシンプルな香り。
縁側から私を守るために誰かがつけてくれた蚊取り線香の香り。
木造の古い建物から香る古い木の温かい香り。
久しぶりに使う華やかな来客用座布団の少し埃っぽい香り。
近所のみんなで集まるにぎやかなBBQの煙の香り。
その後に必ずやる手持ち花火の火薬が散る華やかな香り。
素敵なおばあちゃんが営むお団子屋さんの、大好きだったみたらし団子の香り。
お隣さんがお裾分けしてくれる、土のついた採れたて野菜の香り。

 

その香りから波及して、その時の情景も浮かび上がってくる。
香りは優しくて切なくて少し残酷で、私たちをいつも思い出の中に急に捕えて離さない。

 

なぜかいつも英語だった、祖父の「Good night」の挨拶。
私をいつも離さなかった、太陽みたいに明るい祖母の温かい手。
私たちを笑顔で送り出す、父の笑顔。
あの頃はまだ少し少女のようだった、両親に会って安らいだ母の表情。
一人ではいつだって頼りない、でも誰よりも優しい弟の私を呼ぶ声。

 

あの時はきっと全てが平和だった。
もちろん今だって平和は平和だが、大人になってしまうと、それぞれにみんなが色々なことを考えて、
苦しんだり必死だったりもがいていたことも分かってしまうから。
だから、あの時感じていたものは全てが平和の象徴のように思える。幸せなことに。

 

もう何年もあの家には行っていないのにも関わらず、
少し思いを巡らせるだけで、数々の香りが、思い出の景色が思い浮かぶ。

 

寝ている間も嗅覚は働いている。
その他の感覚は睡眠とともに休憩しているが、嗅覚だけはその経路を閉じていない。
全身全霊で、夏休みの思い出を吸収していたのだと思うと、その時の自分に心底感謝したい。

 

東京に住んでいる私たちは、この香りを次の世代に教えることはできるのだろうか。
東京は洗練されている売り物の香りは多いけれど、生きている香りはもしかすると田舎の方が多いのではないかと思う。
だから、たまには深呼吸ができる隙間がある空間に、ぜひ訪れていこうと思うのだ。
あとは、これからも香りと一緒に全身で思い出を作ったり感じたりしたい。

 

何だかしんみりしてしまったけれど、こんな夏の思い出を、
香りと一緒に思い出してみると意外と色々なことがあると思うので、
そういうことを思い出して語り合ったりなんか、一緒にしましょう。えへ。

you know

you know I’m sorry、って切ないな。


なあ、ごめんな。って。

you knowのニュアンスって、

ネイティブじゃないからものすごく自然に使う事はできないし、

分からないんだけど、

 

読んでそのごとく、分かっているだろうけれど、

というニュアンスが入っているんだろうか。

 

受け手の解釈を促している言葉だと思うんだけど、
だとしたら、
you know I’m sorryって、ちょっとムカつくかも。

 

あなたは、私の気持ちなんて気にせずに、

自分の気持ちでしっかり伝えきってほしいな。

 

youtu.be

 

楽しみに楽しみにしていた、the Chainsmokersのアルバム。

これを聞いて夜ドライブしたい。

 

でも、とにかく、声が出なくて、苦しくて苦しくて悲しい。

扁桃炎から気管支炎になってしまって、本当に何年ぶりだか分からないくらい、咳が止まらなくて苦しい。

 

早く治りますように。

 

お茶の体験

少し前に、お花の教室で知り合った方に誘っていただいて、

お茶会のワークショップに行ってきた。

 

茶道に触れたのは初めてだったから、

結構緊張しながら連れて行ってもらって。

言われなければ気付かないくらいの普通のマンションの一室を茶室にしていたのだけど、

畳も敷いてあって、床の間に掛け軸やお花が飾ってある空間にワクワクした。

 

お茶室の入り方・お茶やお菓子のいただき方など、

本当に初心者向けに教えてもらって、

一つ一つの所作や道具の選び方にも意味があるんだと、

つくづく奥が深くて、

これはワクワクするのが正しい感覚なのかはわからないけど、

ものすごくワクワクした。

 f:id:elica1114:20170315001534j:image

少し先のシーズンをお客さんに楽しんでもらえるように、

掛け軸もお花もお茶碗もお茶菓子も選んで、おもてなしする・・

 

なんて素敵なんだろうか〜

 

考えすぎて私だったら疲れてしまうけど(笑)

そこまでできたらとっても素敵だと思った!すごく!

 

私は今お花を習っているけれど、

お茶は、全部を教養としてわかっていることが必要ということだから、

これに手をつけ始めるとキリがなくなってしまいそうだけど・・

うーん・・やってみたいことは尽きないなあ。

 f:id:elica1114:20170315001551j:image

尾道でたまたま出会った、可愛い懐紙挟みを買ってしまったから、

また使いたいからやってみたいなと思う。

宇宙と芸術展

結構前になるけれど、宇宙と芸術展に行った時の話。

 

漠然と、宇宙に興味や恐れを感じることはたくさんあって、

想像力が爆発して、色々なおかしなことを考えるのだけど。

 

今この発達して明るくて月や星があんまり見えなくなった状態と、

人工の光もほとんどなくて、宇宙に対する知識もない状態とでは、

宇宙に対する見え方も感じ方も何もかも違うのだろうなとしみじみ。

 

 

だって、光のない濃い夜に、原因不明の大量の星屑を見たら、

どうやっても神様の為せる何かだと思ってしまう気がする。

怖くなったり、祈ったり、一つ一つをつなげて名前をつけたくなったりしてしまう気がする。

 

 

本当に、宇宙に対する恐ろしいくらいの執念や畏怖を感じる作品がたくさんあった。

天体や星の位置から時間を割り出す精巧な時計は、とても美しい機械だった。

見ていてドキドキした(笑)

 f:id:elica1114:20170305165546j:image

f:id:elica1114:20170305165600j:image

 

そして、宇宙に対する技術は、国家の権威を示すための大プロジェクトなのだと再認識・・。

アポロ11号の偉業に関する色々な資料もあったし、打ち上げ失敗したチャレンジャー号の模型?もあったし、ダーウィン種の起源もあったよ〜。

f:id:elica1114:20170305165623j:image

f:id:elica1114:20170305165641j:image 

でもチャレンジャー号の前で、ポーズをとって笑顔で写真を撮る人たちの多さに、少し驚いた。悲しくなってしまわないのかな、考えすぎだけど(笑)

 

あと、チームラボの作品でぽろぽろ泣いて、2回見た(笑)

 

ふわっと行った割に、とても楽しめた〜!

f:id:elica1114:20170305165703j:image

 

美術館は、午前中に行くに限る・・人が多いと浸れないからね。

どこかにマイル、広島の巻

この間、気になる気になると言っていた「どこかにマイル」をついに試した!

 

選定された4つの行き先から、どこに行くかは勝手に決められるシステム。

普段の半分くらいのマイルでお手頃に偶然の旅ができる、何ともワクワクする仕組み。

 

4つの行き先は、何回かは更新できるみたい。

私たちの候補は、「秋田」「高松」「広島」「釧路」。

その中ならどこでもいいや!と思ったので、申し込みをすると、3日以内に行き先の通知が来るのです。

 

秋田だったらきりたんぽ食べたいな〜高松だったらまた直島に行くのかな〜広島だったらお好み焼き食べたいな〜釧路だったら寒すぎて死ぬかもしれないけど流氷とかみたいな〜なんて、楽しく妄想しながら待つの、すっごい楽しい!!

 

結論、広島になったので、修学旅行以来だな〜と思いながら広島市内1泊・尾道1泊と予約。

 

初めて食べる広島風お好み焼き。牡蠣は食べると誓っていた。

 f:id:elica1114:20170305161328j:image

f:id:elica1114:20170305161344j:image

 

竹原で出会う森川邸。時期的にたくさんのお雛様。

f:id:elica1114:20170305161424j:image 

 

利き酒を通じて、広島の日本酒は甘いものがメインなのだと知る。

f:id:elica1114:20170305161450j:image

 f:id:elica1114:20170305161437j:image

 

しまなみ街道はサイクリストの聖地だということ。

(知っていたけれど身をもって、目をもって実感)

 f:id:elica1114:20170305161530j:image

f:id:elica1114:20170305161544j:image

 

しまなみ街道のウユニ塩湖なんて素敵な景色もあること。

 f:id:elica1114:20170305161554j:image

 

大声で叫ぶなんてことも久しぶりにできた。橋の上から。青春かよ。

f:id:elica1114:20170305161609j:image

 

 

鶏そばが神がかっていた。鶏さんに本当に感謝した。

鶏そば 本店
0848-23-9518
広島県尾道市西則末町7-18
https://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340302/34018214/

 f:id:elica1114:20170305161622j:image

 

抹茶もいただいて。

前週の抹茶のワークショップが少しだけ生きた・・そしてとってもとっても好みの懐紙ばさみに出会って、本当に嬉しい!!

 f:id:elica1114:20170305161703j:image

 

船折瀬戸はキラキラしていた。

 f:id:elica1114:20170305161755j:image

 

絶景カフェのとても良いお席でお茶して(月曜日だったらね)

 f:id:elica1114:20170305161814j:image

f:id:elica1114:20170305161825j:image

 

偶然に出会える景色たちが新鮮で、今後も良い意味で素敵なものに振り回されながら生きていきたいと思った。

私の場合は結局大好きな瀬戸内海にまた行くことになったけれど、その他の土地でもどこでも本当に行きたいなあと思うし、柔軟に使っていけたら楽しいな。

 

ぜひ、お勧め。

知らないところに行こう。偶然を大事にしよう。

気になったニュースめも

yurunew.com

 

TSUTAYAのこの企画、とっても素敵!

 偶然の出会いが減っていくだろうから、こういう企画が余計素敵に見えます。

 

www.jal.co.jp

 

だから、同じ感覚でこの日本航空のこの企画もとっても素敵だと思う。

 

インターネットで見るものにもバイアスがかけられている今、

何かに偶然出会うこと(この場合正確には、作り上げられた偶然性だけれど)の価値がより大きくなっている気がする。

 

だから自分の力や価値観では知りえない、人のオススメも大切にしたい。

凝り固まった自分ではなく、たくさんのものを取り入れる勇気を持ちたいと思うわけです。

ささやかな一人旅

一人旅って、みんなたくさんしたことあるのだろうか。

 

私はもっとしておけばよかったと思うくらい経験がなくて、

どっちも瀬戸内海付近に行ったなあ、という二回だけ。

直島・豊島に1人で行ったのと、尾道大三島・大久島に行ったのの二回(後者は半一人旅)。

f:id:elica1114:20161120225311j:image

f:id:elica1114:20161120225456j:image 

f:id:elica1114:20161120225530j:image

f:id:elica1114:20161120225640j:image

守られたところで、穏やかな空気がふわふわと流れる感じ。

見渡す先の海にも、きちんと人の気配があって、良くも悪くも変わらない感じがしっとり感じられるところ。

 

一人で行くと、寂しい瞬間ももちろんあるけれど、

一つ一つの出来事や景色がいつも以上に立体的に、印象的になると思う。

 

この夏、尾道の海辺で一人でのんびりしていた時に、

急に話しかけてくれたおじいちゃんがいて。

私は、しまなみ海道の島々を結ぶ島の人たちの交通手段である運搬フェリーをぼんやり見ていたのだけど。

 

「どっから来たの〜?東京〜?いいねえ、ゆっくりできるだろうから、日頃の疲れを癒していきなよ〜。そうだ、あのフェリー、僕が何て呼んでいるか分かる?聞いてくれる?島の横断歩道って呼んでてねえ、良い名前だろう?」

 

「ちなみにあのフェリーは、この近くの乗り場よりも奥の乗り場の方が50円くらい安いから、奥に行った方が良いよ〜。旅行に来た人も乗る人もいるんだ。乗るときは、船の右側にある、2階に上がる外付けの階段に腰掛けて、ビールを片手に乗ると最高だよ〜。あ、それで絶対ツマミは買ったらダメだよ。何でだか分かるかい?・・潮風が最高のツマミになるからさ!(満面の笑み)」

 

「そこから見る夕日はね、本当に旅行で来た人たちは感動するんだよ〜。それに感動しなかったら女やめた方がいいね!お嬢ちゃん行ってみな、女かどうか確かめるためにな〜!(引き続き満面の笑み)」

 

粋なおじいちゃん。

ただ何の下心もなく、じゃあ楽しんで、と

去って行く後ろ姿、とても素敵でした。

 

きっと一人じゃなかったら、

こうして話しかけてくれることもなかっただろうなと思うと、

一人でいることで引き寄せることもたくさんあるのだと思うのでした。

 

ちなみに、もちろん私はおじいちゃんの言う通り、

奥のフェリー乗り場に歩いて(間にコンビニがなくて、ビールを買えなかったのだけが心残り)、

対岸に用はないから往復したいの、と係りのおじさんに声かけて、

旅行で来た人かい、なら何往復でもしていいよ、という優しさに甘えて、

三往復して、しっかり夕日や潮風や生活の香りに感動してきました。

 

よかった、おじいちゃん、私も女だった。

報告したいなあと思うくらい、ほっこりしたよ。

 f:id:elica1114:20161120225733j:image

 

12月中に、また直島に行こうかなって思っていて、

密かに計画を立てたりしているんだけど。

佐久島も行ってみたいし、また屋久島にも行きたいし、

叶うならいつかは絶対イースター島に行きたい。

一人でも安心させてくれるあったかい場所に、行きたいなあと思うのでした。

 

一人旅の思い出、自分のものだけにしておくのがもったいないから、少しずつ書いておこう。

でもきっと書き起こしてみると、大したことではないのかもしれないなあ。

一人だからこそ、あったかい人の気持ちに触れると、いつも以上に嬉しいんだろうな。